So-net無料ブログ作成

301Hモデルと301Kモデルの違いはどこ?

アイリスオーヤマ人感センサー付首振り扇風機には、
型番がLFDJ-301Kというモデルと、LFDJ-301Hというモデルがあります。

どこが違うのか調べてみました。

発売日は301Kのほうが早いので(2014.4.30)、量販店などで比較的手に入りやすいモデルです。

301Hモデルは、ホントに出たばっかりなので、アイリスオーヤマさんのショップで予約販売です。

金額的には、あまり大差はありませんが、発売が早い分、301Kのほうが安く手に入ります。大きく違うのはスペックです。


■消費電力
301K:28W   301H:22W

■羽根径
301K:30cm  301H:25cm

■羽根の枚数
301K:5枚    301H:7枚

■大きさ(幅x高さx奥行き)
301K:350x830x345 mm 301H:300x710x300 mm

■重さ
301K:4.2kg  301H:2.7kg


新発売の301Hのほうが、より省エネ節電モデルであり、 軽く、コンパクト。

羽根が7枚になっていることで、細かくやさしい風になるため、
扇風機のあたり疲れなどの不快感を感じにくくなります。


■【要予約】アイリスオーヤマ人感センサー付首振り扇風機 LFDJ-301Hはこちらをクリック

■アイリスオーヤマ人感センサー付首振り扇風機 LFDJ-301Kはこちらをクリック

トラックバック(0) | 編集

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © アノ話題の扇風機 LFDJ-301購入情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。